Home > 種類別製品 > 高出力可視域CWレーザ > MPB Communications社 高出力シングル縦モードレーザー

高出力可視域CWレーザ MPB Communications社 高出力シングル縦モードレーザー

用途

  • 医療用途
  • 理化学用途
  • 計測用途

single mode

製品特長

  • 波長:515nm, 532nm, 561nm, 670nm
  • 出力:2W

MPBCのラマンファイバ増幅器システムは、狭帯域の近赤外レーザーのスペクトル広がりを抑制して増幅することができます。空冷式では1030nm〜1342nmの波長で最大15ワットの出力で発振することができます。さらに、近赤外光を可視領域に変換するSHGオプションも提供しており、488nm~689nmの範囲において、シングル縦モードで最大2Wの出力を得ることができます。

アプリケーション

  • レーザー顕微鏡
  • ホログラフィー                                
  • ラマン分光
  • 高精度分光

製品仕様

項目/モデル  
出力 2 W
M2 1.1
スペクトル幅 (FWHM) 200 kHz(波長による)
偏光比 (Degree of polarization) 98 % 
RMS 光ノイズ (5 Hz~100 kHz) <2 % 
出力安定性 (8時間) ± 2 %
空間モード TEM00

この製品についてのお問合せ・資料請求

製品カタログのご請求、その他、各種お問合せを、こちらのメールフォームにて承っております。
※弊社の個人情報取り扱いについてプライバシーポリシーをご確認の上、お問い合わせください。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合