Home > 種類別製品 > ハイパースペクトルカメラ(マシンビジョン) > スナップショット型ハイパースペクトルカメラ (600~1000nm)

ハイパースペクトルカメラ(マシンビジョン) スナップショット型ハイパースペクトルカメラ (600~1000nm)

用途

  • 産業用途

ハイパースペクトルカメラ

製品特長

imec はCMOSデバイスの1画素に対して、最大25波長からなるフィルターを施す製造技術をもっており、各画素からスペクトル強度を取得することで、ハイパースペクトルキューブを構築することができます。このため、小型で動画の生成も可能です。

ソフトウェア

imecのGUIは高い操作性をもっております。

GUI

応用例

  • マシンビジョン
  • 化学分析
  • 食品
  • 医療
  • 製薬
  • 半導体・太陽電池
  • リサイクリング
  • ロボット
  • 鉱物
  • 農業

製品紹介ビデオ

製品仕様

波長域 600~1000nm 
バンド数 5x5 = 25 バンド 
1波長辺りのバンド幅 <15nm collimated
撮像デバイスのタイプ CMOSIS CMV2000 ベースのCMOS
分解能 1波長辺り512x256 (可視域) 又は 409x216 (近赤外)
フレームレート 最大180 ハイパースペクトルキューブ/秒
ピクセルサイズ 5.5μm
ビット深度 10ビット
光学系 テレセントリックレンズ (35mm)

この製品についてのお問合せ・資料請求

製品カタログのご請求、その他、各種お問合せを、こちらのメールフォームにて承っております。
※弊社の個人情報取り扱いについてプライバシーポリシーをご確認の上、お問い合わせください。

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合