Home > 種類別製品 > レーザーマーキングシステム

種類別製品 レーザーマーキングシステム

4タイプがあります。

Mistoral Workstation Workstation L Workstation XXL
3.5-50 W 3.5〜200 W 3.5 〜 200 W 3.5 – 200 W
MISTRAL
workstation
laserbearbeitungsanlage_workstation_l
workstation_xxl

レーザーマーキングシステム

Workstation

  • 加工用途
  • 産業用途
 

WORKSTATIONは、最大2.5Dまでのさまざまなマーキングおよび構造化アプリケーション向けの汎用レーザー加工キャビネットです。

ns-laser-sources LEO、AQUILA、FIBER、または超高速レーザーシステムCEPHEUSを装備できます。ソフトウェア制御のZaxisが付属しています。

追加オプションには、回転軸またはXYテーブルが含まれます。大型の半自動ドアと300 mmのZ軸垂直ストロークにより、大型でかさばる物体のマーキングが可能です。

アルミニウムプロファイルベースの設計は非常に安定しており、システムの前に座ったり立ったりしながら操作できます。WORKSTATIONはスタンドアロンユニットとして設計されており、堅牢な構造のため、別の場所に簡単に移動できます。

WORKSTATIONは、クラスIレーザーデバイスのすべての要件を満たしています。

WORKSTATIONには、マーキングアプリケーション用の独自ソフトウェアPHOTONmarkが付属しています。

Photon Energy レーザーマーキング加工機 Mistoral

  • 加工用途
  • 産業用途
 

MISTRALは、画期的なコンパクト設計、スタンドアロンユニットとして使用することも、生産ラインに実装することもできます。

そのために、上部マーキングキャビネットを供給ユニットから分離できます。MISTRAL自体は、クラスIレーザーのすべての要件を満たしています。

Photon Energyレーザー加工システムWorkstation L

  • 加工用途
  • 産業用途
  出力:3.5 W〜200 W

ORKSTATION Lは、非常にコンパクトで柔軟なレーザーシステムです。500 x 500 x 500 mmの大きなマーキング領域があります。システムは、品質とパフォーマンスに関する最高の基準を満たしています。半自動ドアと調整可能なディスプレイマウントにより、人間工学に基づいた作業環境が実現します。

WORKSTATION Lは、オールラウンド加工用の回転テーブルや回転傾斜ユニットなどのオプションで拡張できます。さらに、さまざまなパッケージを備えたオートフォーカスまたはカメラシステム「CamVision」 を統合して処理を容易にすることができます。

マシンは、PHOTONmark で提供されます。このレーザー制御ソフトウェアは、ユーザーが理解しやすいレイアウトを提供し、想像できるあらゆるマーキングシナリオを実現するために使用できます。

WORKSTATION Lは、クラス1レーザーデバイスのすべての要件を満たしています。

Photon Energy レーザーマーキングキャビネットWorkstation XXL

  • 加工用途
  • 産業用途
  出力:3.5 W〜200 W

WORKSTATION XXLは、平均出力50 Wまでの超短パルスレーザーを含むすべてのレーザー光源を装備できます。これにより、医療業界向けのPERMAblackマーキングから機械工学向けの深いマーキングまで、幅広い用途が可能になります。

ソフトウェア制御のz軸が付属しています。追加のオプションには、回転軸またはxyテーブルが含まれます。アルミニウムプロファイルベースの設計は非常に安定しており、システムの前に座ったり立ったりしながら操作できます。ドアは非常に広く、完全に自動化されており、 Z 軸の範囲は Ca 300mm ですから大きな物やかさばる物を人間工学に基づいて積み込むことができます。

WORKSTATION XXLはクラスIレーザーデバイスのすべての要件を満たしており、マーキングアプリケーション用の直感的なソフトウェアPHOTONmarkとともに提供されます。